フルーク映像
TOP 新作情報 作品紹介 リンク お申込 会社概要      

作品一覧
同和・人権
部落の心を伝えたい
部落新世代
企業と人権
戦争と平和
共生・民族
環境・市民
未来世紀ニシナリ
DCTV

※消費税改正に伴い、価格表示を税別にしています。
部落の心を伝えたいシリーズ

各作品ページか作品一覧から、トレーラー(ビデオ)が視聴できます。

更池の語り部 第1巻
「更池の語り部・吉田小百合」

1998年11月制作/30分作品
<ライブラリー価格>
30,000円 (税別)

VHS/DVD:字幕なし
人の値うちを問う 第2巻
「人の値うちを問う」
-人権の詩人・江口いと-

2000年8月制作/25分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS/DVD:字幕なし
なんで読み書きできへんねん・・・
学校行かれへんから。
なんで学校行かれへんねん・・・・
金ないからです。
なんで金ないねん・・・・・
仕事ないんです。
なんで仕事ないねん・・・
そこに部落差別があるからです。
三世代にわたる差別との闘い 〜就職差別・結婚差別など
江口いとさん、1912年生まれ。人権の詩として広く知られる「人の値うち」の作者であるいとさんは、息子の差別、孫の差別と3代にわたる差別を経験してきた。就職・結婚・学校現場での差別体験に基づく人間存在への視点は鋭く、しかし暖かい。解放の希いに生涯を賭け続けるいとさん。その著「荊を越えて」の人生を克明に描いた本作品は、20世紀の掉尾を飾る人権ドキュメンタリーである。
あした元気になあれ 第3巻
「あした元気になあれ」
-元気配達人・松村智広-

2000年8月制作/27分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS/DVD:字幕なし
人の世に熱と光を 第4巻
「人の世に熱と光を」
  -水平の渇仰者
  西光寺・清原隆宣-

2001年9月制作/26分作品

<ライブラリー価格>
50,000円(税別)

VHS/DVD:字幕なし
子どもたちに顔の見える教師として生きる
松村智広さん、1957年生まれ。人権問題を明るく元気に前向きに捉え、行動する松村さん。全国各地での精力的な活動と、その人を引きつけて止まない講演内容から、部落の若きスターと呼ばれてきた。2000年4月、13年ぶりに中学校教師に復帰した松村さんが、まず始めたことは、全校生を集めてのヒューマンタイムであった。学校に1日も行くことができなかった祖母トラさんも呼び入れ、子どもたちに自らのありのままの姿を晒した。本作品は、顔の見える教師として子どもたちの中に飛び込み、人間を育てることを決意した松村さんの姿を追う。
21世紀の人権文化の思想的原点である『水平社宣言』。
その精神を清原隆宣さんは、ズバリ「水平のものさし」の見直しという。人は何故、平等になれないのか。人は何故、尊敬し合えないのか。西光万吉の系譜を引く清原隆宣さんを通して、『水平社宣言』の核心を描いた画期的ノンフィクション作品。
峠を越えて 第5巻
「峠を越えて」
− 魂の同和教育実践者・
           森口健司−

2003年11月制作/ 25分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS/DVD:字幕なし
差別っていったい何やねん 第6巻
「差別っていったい何やねん」
−歩く水平社宣言
        川口泰司−

2004年11月制作/ 30分作品

<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS/DVD:字幕なし
あらゆる差別をなくしたい
森口健司さんは、その果てしない闘いに生涯をかけている。 中学教師としてユニークな同和教育を実践。現在は、徳島県の派遣社会教育主事として、差別解消への道筋をエネルギッシュに語り続けている。
熱く語り継ぐ新世代
世代を超えて伝えなければならない強い思いがある。差別のない社会を願い、懸命に生きてきた父や母、祖母、そして多くの先輩たち。シリーズ第6巻の主人公・川口泰司さんは26歳。その思いを語り継ぐ新世代である。
差別の本質を追及し、自分の言葉とわかりやすい表現で語りかける川口さん。足元を見据えた日々の地道な活動に裏付けられたハートフルでエネルギッシュな講演は今、多方面から注目され多くの共感を呼んでいる。
人間の尊厳を求めて 第7巻
「人間の尊厳を求めて」
−解放運動50年・森田益子−

2005年11月制作/25分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS/DVD:字幕なし
ぬくもりを感じて 第8巻
「ぬくもりを感じて」
−刺激的ナイスガイ・中倉茂樹 −

2006年11月制作/30分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS/DVD:字幕なし
森田益子さん、81歳。部落解放同盟中央執行委員婦人対策部長や高知市会議員、県会議員などを歴任。現在は(社)高知市労働事業協会理事長として若々しくエネルギッシュに前線を指揮している。
2004年、自力自闘で作り上げた「やさしい里」は、解放運動50年に及ぶ森田さんの集大成の場。人間の尊厳を求めて―その貧しく苦しい生いたちから学び、人との出会いや長い闘いの中で身につけた理論と実践の後に、成果という大きな足跡が遺っている。
中倉茂樹さん(29歳)、山と川に抱かれた徳島県吉野川市に生まれた。現在、警備会社で働きながら、年間70回に及ぶ講演活動を続けている。

「いじめ」にあいつづけた小学校時代。
部落民宣言で知った人の「ぬくもり」
結婚差別と闘う「今」
私からはじまる人権 第9巻
「私からはじまる人権」
−子どもに伝える
  柴原浩嗣・宮前千雅子 −

2006年11月制作/27分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS/DVD:字幕なし
えびす舞に思いをのせて 第10巻
「えびす舞に思いをのせて」
−でこまわしを復活
        辻本一英 −

2006年11月制作/28分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS/DVD:字幕なし
柴原浩嗣さん(43歳)は、(財)大阪府人権協会の人権啓発部長。宮前千雅子さん(41歳)は、大学で人権問題の講座を担当。2人は1993年に結婚、ともに人権問題に深くかかわる人生を選択してきた。
3人の子どもたちに恵まれた今、一番の問題は小学6年生になった上の子に、部落出身をどう伝えていくかということ。仕事の上で、生活の場で、2人の共通のテーマはまさに「私からはじまる人権」の実践であり、「そして、あなたは?」の問いかけである。
辻本一英さん(55歳)徳島市国府町出身。
被差別民の生活文化や伝統芸能の調査研究と掘り起こしのとり組みをライフワークとしている。
地元では、自主夜間学校(識字学級)、芝原生活文化研究所などを主宰しながら、阿波木偶箱廻しを復活する会の仲間とともに、講演活動を精力的にこなしている。
1〜10巻がDVDBOXになりました。

<ライブラリー価格>
450 ,000円 (税別)


特典
@1〜10作品のシナリオ集
A登場人物のメッセージ
B監督のインタビュー

好評発売中!
「部落の心を伝えたい」 ビデオシリーズ(第1巻〜10巻) シナリオ集
「10人の語り部たち」

<価格>1冊 1,000円 (税別)
ご好評いただいております本シリーズは、9年の歳月を経て、10巻目に達しました。
その節目にあたり、シナリオ集を企画・刊行します。
従来から「字幕版が欲しい」「研修の事前・事後の学習用にマニュアルかシナリオがあれば助かる」等々のご要望があり、個別的に対応させていただいておりましたが、シナリオ集発刊はそうしたニーズにもお答えするものです。
「映像と活字」映像はインパクトが強く、訴求力があり、啓発のアプローチには有効です。一方、活字には活字ならではの味わいがあります。シナリオ集では各作品の出演者が訴えるメッセージと向かいあい、対話しながら読むことができます。より深い理解を得るためのクロージングには最適です。
10巻分のシナリオを一堂に。ぜひ、お手元にお備えください。
私からはじまる人権 第11巻
「あすなろを生きる」
−野上 早苗−

2009年11月制作/26分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS:字幕あり
DVD:メニューにて字幕選択可
私からはじまる人権 第12巻
「若い力は今」
−吉岡 綾−

2009年11月制作/30分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS:字幕あり
DVD:メニューにて字幕選択可
40年以上も続く福岡の「あすなろ解放学級」。
今も地区内外から毎週大勢の人たちが集い、学び合い、話し合い、笑い、涙する。
代表の野上早苗さん(58)が語る、一人からはじまる解放運動とは。
自らの差別体験を通して、「差別をなくす人生」を生きる吉岡綾さん(27)。
今、講演依頼が相次ぐ。
若さ溢れる熱く力強い語りは、行政・企業・学校で大きな反響を呼んでいる。
私からはじまる人権 第13巻
「母娘で問うた部落差別」
−坂田かおり・愛梨・瑠梨−

2010年11月制作/30分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS:字幕あり
DVD:メニューにて字幕選択可
私からはじまる人権 第14巻
「人権感覚を磨きませんか」
−大湾 昇−

2010年11月制作/30分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS:字幕あり
DVD:メニューにて字幕選択可
鳥取県米子市を拠点に西日本で幅広く活動する坂田かおりさん。
愛梨さん瑠梨さんとの母娘講演が今、大きな反響を呼んでいる。
実体験を下に、部落差別をはじめあらゆる差別に NO ! を。
沖縄出身の父と部落出身の母の下徳島県で生まれ育った大湾さん。
心理テストや自筆のマンガを使ったユニークでユーモラスな講演が人権問題を分かり易く説き起こす。
私からはじまる人権 第15巻
「夫婦で差別と闘います!」
−石井眞澄・千晶−

2010年11月制作/30分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

VHS:字幕あり
DVD:メニューにて字幕選択可
第16巻
「ドラゴン流“人権とダンス”」
−松本柳子−

2011年11月制作/30分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

DVD:メニューにて字幕選択可
琵琶湖の辺、結婚3年の石井夫妻。
部落出身の妻と部落外の夫は結婚差別を契機に講演活動を始めた。
異なる立場からの夫婦講演が差別の実態を重層的に暴いていく。
年齢・性別・障がいの有無を問わない150人がFDF(Fighting Dragon Family) のメンバー。
ダンスで育む「人のつながり」「心の癒し」
私からはじまる人権 第17巻
「仕事作りが私の仕事」
−植並鈴枝−

2011年11月制作/25分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

DVD:メニューにて字幕選択可
私からはじまる人権 第18巻
「無知を許さず」
〜連続大量差別はがき事件〜

−浦本誉至史 −

2012年11月制作/30分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (税別)

DVD:メニューにて字幕選択可
中学3年での父の死。以後、学業と仕事を両立させ、あらゆる働く現場を体験。それが現在の仕事=就労支援に結びついた。 浦本誉至史さん(47)が体験した差別事件の真相とは?また、研究者として、江戸の被差別民衆から学んだものとは?「無知」をキーワードにあらゆる人権問題の本質 に迫る。
私からはじまる人権 第19巻
「差別を許さない自分づくり」
〜寝た子を起こして30年〜

−長谷川サナエ −

2012年11月制作/26分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (
税別

DVD:メニューにて字幕選択可
私からはじまる人権 第20巻
「52歳の立場宣言」
〜なかまがいれば人は変わる〜

−岡潤爾−

2012年11月制作/26分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (
税別

DVD:メニューにて字幕選択可
"寝た子を起こすな"の風潮が根強く残る新潟で、 しかも女性という立場で、30年に亘り解放運動をリードしてきた長谷川サナエさん(66)その曲げない生き方を見つめる。 岡潤爾さん(52)は、牛馬の皮剥ぎ職人として生きてきた。今、熊本で部落解放運動のリーダーを務める。6年前の差別事件を契機に自己を解放、「本音で語り、共感し、本気で動く」日々である。
11〜20巻がDVDBOX2になりました。

<ライブラリー価格>
450 ,000円 (
税別

好評発売中!
私からはじまる人権 第21巻
「結婚差別400事例」
−弘瀬喜代 −

2013年11月制作/28分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (
税別

DVD:メニューにて字幕選択可
私からはじまる人権 第22巻
「心の窓を拓いて」
−明石一朗 −

2013年11月制作/30分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (
税別

DVD:メニューにて字幕選択可
「通婚率90%以上」そんな統計から、部落差別は解消したかのような 誤った認識が広がっている。数字の奥にある厳しく悲しい現実を知る弘瀬喜代さん(52)の講演は激しく心を打つ。 差別解消の道筋は「教育のチカラ」と確信する明石一朗さん(58)、子どもの暮らしから人権を考える現役の校長先生だ。明るく笑い溢れる講演は、今日の部落問題を誰にも分かりやすく明快に論じる最適な「入門編」。
私からはじまる人権 第23巻
「歩(ふ)の歩み80年」
−山本栄子 −

2013年11月制作/26分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (
税別

DVD:メニューにて字幕選択可
私からはじまる人権 第24巻
「皮革(かわ)から見える部落問題」
−皮革研究家・柏葉嘉徳 −

2014年11月制作/27分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (
税別

DVD:メニューにて字幕選択可
60歳を過ぎてから夜間中学に入学、夜間高校を経て大学に進学した山本栄子さん(82)。
識字を求め、部落差別と闘い続けてきた情熱あふれる人生から掴んだ将来展望を、エネルギッシュに全国各地で語り続ける。
皮革を通して部落問題を伝え続ける 柏葉嘉徳さん(71)。
自身の工場でのユーモア溢れる講演と皮なめしの体験学習が参加者の意識を大きく変えていく。
私からはじまる人権 第25巻
「芸能と差別」
−ひとり芝居・中西和久 −

2014年11月制作/23分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (
税別

DVD:メニューにて字幕選択可
私からはじまる人権 第26巻
「生きた童話を届けたい」
−猿まわし・筑豊大介 −

2014年11月制作/28分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (
税別

DVD:メニューにて字幕選択可
芸能万華鏡「しのだづま考」を演ずる中西和久さん。三代続く役者稼業の歴史は、100年に及ぶ部落解放運動の歴史と重なっていく。 途絶えていた猿まわし芸を復活させた功労者の一人・筑豊大介さん(58)。叩き仕込みではなく言って教える本仕込みの教育論が注目を浴びる。
私からはじまる人権 第27巻
「出会いから学ぶ」
しなやかな新世代・高田美樹

2015年11月制作/29分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (
税別

DVD:メニューにて字幕選択可
私からはじまる人権 第28巻
「夢のために」
闘い続ける家族・中山末男

2015年11月制作/28分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (
税別

DVD:メニューにて字幕選択可
人は人との関わりなくして生きることはできない。マイナスの出会い、プラスの出会い、…そして、出会いが人を変え人生を豊かに作り上げていく。高田美樹(29)、高校での生涯の仲間との出会い…母方の祖父との18年目の出会い直し…働く現場で実体験した様々な差別…それらを全て養分に転換し、しなやかに生きる。暗・重・辛を明・軽・楽に変える新世代の誕生。 中山末男(68)、久留米を拠点に人権啓発一筋に
生きてきた。剛直+やさしさを併せ持つ人間性が中山の真骨頂だ。今も第一線を飛び回る日々。父は解放運動の先駆者として生きた。母は廃品回収のリヤカーを引き家族を支えた。兄は狭山事件の主任弁護人を務める。人権フェスタでは「ばあちゃんのリヤカー」を上演。夢のために…、中山の熱い思いを伝える。
私からはじまる人権 第29巻
「私は変わることができる」
熱と光で生きる力を・西村敦郎

2016年11月制作/26分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (
税別

DVD:メニューにて字幕選択可
私からはじまる人権 第30巻
「差別を問うた20年/29の証言」

2016年11月制作/30分作品
<ライブラリー価格>
50,000円 (
税別

DVD:メニューにて字幕選択可
いじめられっ子で自尊感情を持てなかった西村敦郎(56) 初めての部落差別は中学2年、親友の家でのことだった。力だけを信じ荒れに荒れた中学3年の一時期を経験後、高校に入っての解放研の仲間との出会いが転機となった。しかし、自衛隊で敬愛する上司から再び受けた部落差別。今、文化センターの館長として解放運動に邁進する。差別は、誰が傷つき、誰を不幸にするのか。自らの人生を赤裸々に語ることから差別の本質を突く。 『部落の心を伝えたいシリーズ』は、当事者が自ら出演し部落問題の本質を語るという独自のスタイルを確立、全国から熱い支持を受けてきた。全巻を揃えた大学や 教育・啓発機関、視聴覚ライブラリーも数多い。シリーズ第1作から20年、全29巻の出版を果たした今、20年を俯瞰し語り部たちの至言を網羅した本巻を制作。部落問題の最適のテキストとしてシリーズの入門編として中高生たちにも幅広く活用していただきたい特別版。


Copyright(C) 2008 FLUGEIZO Co.,Ltd All Rights Reserved