フルーク映像
TOP 新作情報 作品紹介 リンク お申込 会社概要      

作品一覧
同和・人権
部落の心を伝えたい
部落新世代
企業と人権
戦争と平和
共生・民族
環境・市民
未来世紀ニシナリ
DCTV

※消費税改正に伴い、価格表示を税別にしています。
同和教育・人権啓発部落の心を伝えたいシリーズ>第4巻「人の世に熱と光を」-清原隆宣- <<  >>
清原隆宣さん
第4巻
「人の世に熱と光を
  -水平の渇仰者 西光寺・清原隆宣-」


2001年9月制作/26分作品
ライブラリー価格 50,000円(税別)

VHS/DVD:字幕なし

視聴できます。



作品の内容
日本で最初の人権宣言
「全国に散在する吾が特殊部落民よ、団結せよ」 1922年、西光万吉が起草した水平社宣言は、日本で 最初の人権宣言と言われています。宣言は、人間の 尊厳を高らかに謳い上げ、最後にこう結んでいます。 「人の世に熱あれ、人間に光あれ」

西光寺 西光寺に生まれる
奈良県御所市。住井すゑの大河小説「橋のない川」 の舞台にもなったところです。清原隆宣さんは、このま ちの一角にある西光寺に生まれました。西光寺は、水 平社宣言を起草した西光万吉こと清原一隆の生家であ り、清原さんは西光万吉の弟の孫にあたります。 水平社発祥の地であるこのムラは今、人権のふるさとと して全国各地から大勢の人たちが訪れています。人の 世に熱と光を求めた西光万吉の人間への信頼−−そ の思いを清原さんは現代を生きる多くの人たちに伝えて いきたいと考えています。この日、三重県の中学校から 3年生57人がやってきました。清原さんは、なぜ、それ ぞれの個性を大切にしなければならないか、やさしく語 りかけます。

忘れられない体験
清原さんは大学卒業後、大阪の中学校を経て、御所 市内の同和地区を校区にもつ中学校へ赴任しました。 ここで、生涯忘れられない体験をします。 1983年、生徒の不登校や非行が相次ぎ、学校は異例 の休校措置で問題に取り組みました。このとき、清原さ んは初めて子どもたちの傷ついた心に触れたと言います。 1991年、娘さんが通う中学校で起きた差別事件は、娘 さんを巻き込み、清原さんにとっても辛い経験となりました。 しかし、娘さんたち「部落解放研究会」が解決方法を 求めて話し合いを重ね、そのとき娘さんのとった行動に、 清原さんは心から感動したと言います。それは水平社 宣言の精神をそこに見たからです。

西光寺での講演
水平者博物館
水平社博物館

1998年、西光万吉 ゆかりのこの地に、 水平社博物館が生 まれました。 水平社にまつわる資 料5万点を集め、部 落解放に向けて闘っ た人々の熱い思いを 伝えます。人権文化が静かな広がりを 見せる中、入館者 はすでに10万人を超えています。


水平の潟仰者
清原さんは現在、全国各地で講演活動を続けています。 世間の間違ったものさしを正し、人間は平等であるとい う水平のものさしを広めたい・・・水平の渇仰者として、 人の世の熱と光を語り続けます。
 
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻 11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻 21巻 22巻 23巻 24巻 25巻 26巻 27巻 28巻 29巻 30巻

Copyright(C) 2008 FLUGEIZO Co.,Ltd All Rights Reserved